髪の毛 増やす方法

どんな増やし方があるの?

こちらでは、

  • 髪の毛を増やしたい!
  • 薄毛を目立たなくしたい!
  • ハゲを治したい!

ッて思った時にどんな方法があるのか、一般的な髪の毛 増やす方法を紹介しています。

育毛法

いま、残っている髪の毛に対して、栄養をめぐらせ、成長を促進させるのが”育毛”です。
育毛は、新しく髪の毛 増やすというよりも、現状維持において髪の毛を太く、ハリ コシを与えることによって、頭皮を目立ちにくくする目的があります。


一般的な発毛法に比べると、安くで試せることがいえます。


完全に頭皮がむき出しになっているのではなく、薄毛になり地肌が目立っているような人に向いている髪の毛 増やす方法といえます。

発毛法

髪が生えなくなった部分に、毛穴より再度髪の毛を生やすことが”発毛”です。
発毛法は、既存の髪の毛がかなり少なくなっている人に適した髪の毛 増やす方法です。


ただ、一般的に発毛という言葉を医療機関以外で使用している場合、
独自の施術ということになり、医学的な根拠はありませんのでご注意してください。


医療機関においての発毛に関しては、内服薬、塗布薬、皮下注入によるものがあります。
ロゲインやミノキシジルなど、医学的根拠のある薬品もありますので、AGA治療を行っている病院にて治療を受けられます。

増毛法

今ある髪の毛に、人口のナイロン毛などを、特殊な技術を用いて結びつけることを”増毛”といいます。
こちらは、薄毛になり頭皮が目立っている人に適した髪の毛 増やす方法と言えます。


ただし、増毛をした場合、既存の髪の毛にかかるストレスが大きくなり脱毛を悪化させてしまう可能性もあります。(牽引性脱毛症)
増毛を受ける場合にはよく考えてからにしましょう。

植毛法

髪の毛の生えてこなくなった部分に、毛を植えこむことを”植毛”といいます。
植毛には大きく分けると2種類あり、人工毛植毛と自毛植毛に別れます。
人工毛植毛の場合は、体が異物だと認識して抜けてしまうのでおすすめしません。


自毛植毛は、拒絶反応がありませんので、植毛をするなら自毛植毛にしておきましょう。


自毛植毛とは

自毛植毛とは、AGA(男性型脱毛症)の影響を受けない後頭部の皮膚を切り取り、毛根ごとに細かくして、薄毛の頭皮に新しく植えこむというものです。


医療行為にあたりますので、医療機関でしか行えません。
アメリカでは一般的に行われていますが、日本では手術という側面からまだまだ数は多くないですが、認知度が高まれば今後はもっと増えていくる髪の毛 増やす方法でしょう。


自分の髪の毛なので、定着してしまえば、半永久的に髪の毛が生えることになります。
また、増毛や発毛、カツラに比べると後々のメンテナンスは少ないと言えます。
髪の毛が自然に生えてくるので、散髪も普通通りにいけるようになるところが植毛法の人気の高いところと言えるでしょう。


植毛法にもいろいろな種類があり、クリニックによって費用も変わってきます。
>>>>自毛植毛 費用

カツラ

人毛や、人工毛を被る事によって、ハゲを目立たなくする方法が ”カツラ” です。
被って装着するものから、ピンでとめたり、ネットを被ったり、部分的なカツラもあります。


カツラといえば、 「周りにバレる」 というイメージがあるかもしれませんが、
化学樹脂の進歩等により、現在では昔と比べると目立たないカツラもでてきています。
とくに日本製のカツラは、それなりに高額のものを買えば、ほとんど周りから見てもわからないレベルです。


ただし、装着には毎回手間がかかりますし、メンテナンスに費用がかかります。
また、一度被ってしまったら、そうそう人前で外すのがおっくうになるなどのデメリットもかかえております。

更新履歴